永嶋サトシの迷子にならないPhotoshop

alainprost.exblog.jp

Photoshopの機能を分かりやすく解説します。

Tipsを先行してしまったので、このブログのタイトルが不思議に思われる方も多いでしょう。
実は、Photoshopのキー操作はバージョンに寄って微妙に変化しているのです。
過去のバージョンのすべてを検証するには、まだ仙人の域に達していない小生では
不可能に近いので、とりあえずCS5での操作上の陥りやすい迷子を見ていきましょう。

日頃の私の口癖である、ショートカットの多用によって予期せぬ挙動(バグではありません)
に見舞われて、パニックを起こすこともあるでしょう。

一番多いのが、「enter」キーの連打による迷子です。
d0169899_1872468.jpg

上の画像のようにツールオプションバーのボックスがアクティブになる操作が
「enter」キーなのです。
いろいろなオペレーションを実行するにあたって、決定するときに押すことは
基本だと思いますが、つい、一度で良いものを2回、3回と連打してしまうことって
ありませんか?
軽いデータで、すぐに結果が反映されるようなときは、こんなことはしないのですが、
やや重くて時間のかかる処理のときはついやってしまうことがあると思います。

これをやると予期せぬボックスが選択されてしまうため、次のショートカット入力を
すると変な結果が起きてしまうのです。
この作例では、ブラシツールの不透明度になっていますが、この状態で、描画色と背景色を
入れ替える「X」を入力してしまうと次の操作をしようとしたときに
d0169899_1818414.jpg

こんなダイアログが出てきておこられてしまいます。

常にこれが頭に入っていると、自分の頭を軽くたたくだけで済むのですが、
よくわかっていないとパニックを起こしてしまいます。
(結構、セミナー会場で操作の途中、「あれ?」なんて言う光景を見ますよね)

もう一つ、良くある迷子が、移動ツールでレイヤーの絵を動かそうとするとき
d0169899_18254913.jpg

このようなメッセージが突然出てくる。
そしてレイヤーパレットを見るとすべてのレイヤーが非アクティブ!!!
何でこうなるの?昔のバージョンではこんなこと無かったのに。

これは、複数レイヤーを選択できるようになったときからの現象で、
移動ツール以外のツールが選ばれているときに、レイヤーを移動しようとする
ショートカットの「コマンド」キーを押しながらドラッックすることになれていると
ツールが移動ツールになっているときにこれをやってしまうと起こる現象なのです。



このように、複雑な操作をすればする程、予期せぬ動きが現れることを
「迷子」と例えて、照会していこうと考えたタイトルがこのブログの名前なのでした。

ランダムにいろいろやっていきたいと思いますので、懲りずにおつきあいください。
[PR]
# by Alain_PROST | 2010-06-21 18:34 | Photoshop初級編
しばらく、音無でご迷惑をおかけしました。
実は、新ネタを仕入れました。既に知っている方には、
何を今更と笑われそうですが、ちょっと目から鱗の
Tipsなので、おつきあいください。

それでは始めましょう!
d0169899_22474850.jpg

この写真を仮にパスポートの利用するとしましょう。
右側の情報パレトを見ると顔の天地の寸法が56.3mmになっています。
この顔の天地を35mmにしたいとするとどうすればいいでしょうか?

最初のステップは背景画像をレイヤーにすることです。

d0169899_22533432.jpg

ショートカットではレイヤーパレットの「背景」をダブルクリックですが、
メニューでたどると上の画像のようにメニューバーの「レイヤー」ー「新規」
ー「背景からレイヤーへ」でフローティングレイヤーになります。

次に、切り抜きツールを選び、ツールオプションバーを見てみましょう。
d0169899_22585052.jpg

上のようにサイズ指定のボックスが現れますので、幅25mm,高さ35mm
を入力します。(解像度は任意に入力します)入力しないと後述のようになります。

この状態で、画像の顔の部分をトリミングしてみます。
d0169899_2321721.jpg

上のように指定寸法にしたい部分をクロッピングします。
ただし、まだOKはしないことが重要です。
そこのあなた、あせってリターンキーを押してはだめですよ!

次の操作こそが今回のメインです。じつは私も今日知りました(汗

d0169899_2355398.jpg

ツールオプションバーの「切り抜き範囲」に2つのラジオボタンがあるのです。
勿論、デフォルトは「削除」になっていますが、ここを「隠す」に変更します。

このアクションで、皆さんのご想像通り、顔の部分が25mm x 35mmにトリミングされます。
d0169899_23113771.jpg

これから解説する方法を知らなければ、この状態であきらめる(つまりは意味をなさない)
一生懸命に電卓をはじいて、全体の寸法か改造度をかけ算で求めて値を入力したりしていました。

この後の操作に、先ほどのラジオボタンの変更が役に立つのです。
d0169899_23152521.jpg

メニューバーの「イメージ」を下にたどると「すべての領域を表示」がありますので
それを選びます。

これで、元の画像のすべてが復帰します。

d0169899_231866.jpg

しかも、ちゃんと顔の天地の寸法が、希望する35mmになっていることがわかります。
今回の例で言うと、顔の天地寸法が300ppiに指定されています。


また、上でもったいぶった所ですが、切り抜きツールのボックスの「解像度」を
空欄にしておくと、画像の再サンプリングが行われずに、解像度を勝手に変更して
寸法のディスタンスを希望する数値に変えてくれるという優れたTipsになります。


工程が少し複雑になりますが、効率よく「アクション」に登録しておくと
パスポートなどを数多く作業されているような方には便利であると思います。



あるいは、海を越えて、カリフォルニアの技術開発の方々が、もっと
シンプルにこの作業を出来るようにしてくれるかもしれませんね!
みなさんで、コメント欄をにぎやかにしていただけると海を渡る日も近くくなりそうです
[PR]
# by Alain_PROST | 2010-06-18 23:28 | Photoshop上級編
私の友人から、プロフィールの写真が怖いよといわれたので、少し直してみました。
こんな感じなら、少しは柔らかいでしょうか?
d0169899_1531243.jpg

せっかくなので、新機能のパペットワープを使ってみました、以下解説。

顔の部分修正をするには、修正したい部分を、やや大きめに選択します。
このようなソフトエッジの選択には、クイックマスクを使うと便利です。
メニューバーの「選択範囲」から下の方の「クイックマスクモードで編集」
を選び、(ショートカットはアルファベットのQ)ブラシツールで、
目的部分を塗りつぶします。
注)デフォルト設定では、塗らないところが選択範囲になりますが、
ブラシで描いたところが選択範囲になるようにカスタマイズしています。
(近いうちにそちらの解説もいたします)
d0169899_1543873.jpg


必要な部分の選択範囲が出来たら、レイヤーメニューから「選択範囲をコピーしたレイヤー」
を選ぶと、口の周辺が別レイヤーになる。
d0169899_15112099.jpg


この部分だけのレイヤーにパペットワープを選んで、口元を少し上に上げてみると
優しい顔になります。(素材の悪いのはご容赦を)
d0169899_15131950.jpg

実際には、新規撮影したし写真に差し替える予定です。

何気ない一言で、Tipsが出来てしまうのも、Phtoshopの面白いところですね。

最後になりましたが、明日、午前11時30分より表参道Station5にてセミナーを開催します。
会場は、おかげさまで満員になりましたが、Ust中継が有りますので、ご覧下さい。
www.station5.jpにアクセスしてください。





 
[PR]
# by Alain_PROST | 2010-06-04 15:21 | Photoshop中級編
いつでも何処でもPhotoshopなんていうコンセプトでこんなのあったら良いなと思いました。
被写体はニューヨーク5番街のApple Store です。
合成したら、とてもしっくり行っています。
本気でどうですか > Adobeさん!

d0169899_12294146.jpg

[PR]
# by Alain_PROST | 2010-06-04 12:31 | iPad
皆さん今日は、永嶋サトシと申します。
プロフェッショナルフォトグラファーにとって、デジタル写真の仕上げに必要不可欠なAdobe Photoshopというアプリケーションが誕生20周年を迎えました。そして、先月28日にとても高性能な新バージョンCS5も発売され、すでに、使いこなしている方もいらっしゃると思います。とても高機能で、複雑なソフトウエアでは有りますが、各自のテリトーリーを絞り込むことで、効率の良い作業が出来るようになります。このブログでは、そんな効率化のお手伝いをしていきたいと思っています。なにぶん、今頃のブログデビューですので、不慣れでご迷惑をおかけすることも有るかと思いますがおつきあい頂ければ幸いです。
d0169899_1138965.jpg


来る、6月5日(土)に表参道 Station 5にて「2010年6月定例勉強会 in Station 5」が開催されます。
私の担当はは、AM11:30より1時間のセミナーになります。当日はU streamの中継も有りますので、
是非ご覧下さい。  http://station5.jp
そのコンテンツを、平面にして、最初の解説を行う予定です。乞うご期待!
[PR]
# by Alain_PROST | 2010-06-03 11:39
ブログトップ